山口県宇部市東岐波の地に臨む産土神社、古尾八幡宮

人生礼儀

人生礼儀

家族や自分自身の無事やお祝い事などへの感謝。
人生のそれぞれの節目に氏神様や崇敬する神社のご神前にて特別にご祈願しましょう。

安産祈願 懐妊5ヶ月目の戌(いぬ)の日に、母体の安全とお子様の安産を祈って安産腹帯をお祓いします。
初宮詣 お子様が無事成長するようにお祈りします。男の子は生後31目、女の子は生後33日目にお参り下さい。
七五三詣 日本では古来男女3歳の髪置、男子5歳の袴着、女子7歳の紐解の祝いとして11月中(11月15日前後)にお詣りし、無事に成長したご加護に対しお礼申し上げます。
合格祈願 合格の祈願を行います。
学業祈願(入学・卒業・就職) 社会人になるまでに15~20年近く学校教育を受け心身を錬磨し新知識を吸収します。社会人として世の為国の為に尽くせるように神様にお願いします。
成人祭 二十歳になった若人が大人として社会的に認められ、社会人としての責務をはたしてゆくことを神様に誓います。
結婚式 結婚式は結婚の誓約をする大切な儀式です。数多の男女の中から結び合わされた神様のご配慮に感謝します。
厄除祈願 男性25・42・61歳、女性19・33・37歳を大厄と呼び、前後の年を前厄・後厄と呼びます。言動を慎み神様の恩頼を受けましょう。
長寿の祝 60歳は還暦、70歳は古希、77歳は喜寿、80歳は傘寿、88歳は米寿、90歳は卒寿、99歳は白寿と称して長寿を神様に報告します。
PAGETOP
Copyright © 古尾八幡宮 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.